スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


搭乗型移動ロボ 公道走行へ つくば市が実証実験特区に(産経新聞)

 1人乗りの移動ロボットが公道を走行する日が近づいてきた。「ロボットのまち」として知られる茨城県つくば市が「搭乗型移動ロボット」の実証実験特区の認定を受け、今秋にも公道走行への足がかりをつくる。セグウェイに代表される移動ロボットは短距離の移動に適し、コミュニケーションツールとしての効果も期待できるという。(日出間和貴)

 ◆区分は軽二輪

 つくば市によると、「低炭素社会の実現」に向けて、市民に試乗してもらいながら歩行者との共存や安全面の確保について検証していく。ロボット実験の対象は、つくばエクスプレス(TX)のつくば駅と研究学園駅周辺の歩道。実験走行とはいえ、「道路交通法などの法改正につなげたい」(市産業振興課)と積極的な構えだ。

 「環境都市」を旗印とする都市にとって、搭乗型移動ロボットは短距離移動の選択肢の一つだ。

 都心から電車で約30分。千葉県柏市の柏の葉地区では、次世代環境都市を目指した街づくりが進んでいる。環境に負荷をかけない交通体系も目標に掲げられ、セグウェイに代表される新しい移動交通の実証実験を行ってきた。

 一方で、移動ロボットの公道走行には法規制のハードルが立ちはだかる。米国の各州や欧州の多くの国ではセグウェイの公道走行は認められている。しかし、日本では過去に罰金命令を受けたケースもあり、観光地などの限定したツアーのほか、空港やアウトレットモールでの警備に限られてきた。

 公道走行が禁止されている理由について、国土交通省は「エンジン出力の点で軽二輪に区分される。公道を走るにはヘッドライトやウインカーが義務付けられているが、それがなく保安基準に適合しない」と説明する。

 ◆「世界を変える」

 とはいえ、搭乗型ロボットをめぐる重大な事故例は海外でもなく、障害物を回避する「外界センサー」を搭載したロボットの開発も進んでいる。巡回警備に浸透している欧米では、乗る人と周囲の歩行者とのコミュニケーションツールとして機能しているという。

 セグウェイの創業者、ディーン・カーメンの物語を描いた『世界を変えるマシンをつくれ!』によると、発祥の地・米国でも当初は「危険なモーター付きマシン」といった偏見があり、政治とのはざまでいばらの道をたどったという。

 セグウェイジャパン(横浜市中区)の秋元大マーケティング部長は「セグウェイは歩行の延長であり、身体の拡張といえる。日本でもパーソナルモビリティーを受け入れる土壌が広がる中で、何より乗る人の心を変えてくれます」と話している。

                   ◇

 ◇試乗会では多くが「楽しい」 6年前、浜松大学(静岡県)での試乗会アンケート調査(複数回答)では、多くの人が「楽しい」「面白い」などと好意的で、約3割が公道で乗れるように「ぜひなってほしい」と回答した。

パトカーなど衝突 警察官ら2人死亡(産経新聞)
「ヘリ部隊、分散移転」 普天間 防衛相、県内外で検討(産経新聞)
<グループホーム>スプリンクラー設置は約5割 7都県7市(毎日新聞)
ベトナム報道で活躍、元毎日記者・大森実氏死去(読売新聞)
建設中モノレール駅から出火=500平方メートル焼く−羽田空港(時事通信)

東京駅構内に語り部・平野さんのコーナー(産経新聞)

 JR東京駅(東京都千代田区)の構内に飲食店や雑貨店など31店舗が出店するショッピングセンター「エキュート」が28日、オープンした。

 このうち書店と喫茶店を融合させた「HINT INDEX BOOK」では、朗読などの“語り部”として活躍する平野啓子さんら26人のクリエーターの作品を展示販売。自身の作品を前にした平野さんは「東京の真ん中で、日々の生活を潤すヒントを得てほしい」とPRしていた。

鳩山首相 記者会見をフリー記者らに開放 40人が出席(毎日新聞)
満天の星に愛誓い プラネタリウム結婚式 滋賀のホテル あす第1号(産経新聞)
<JR東トラブル>情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
首相動静(3月24日)(時事通信)
羽田新駅火災 照明器具がショートし出火か(毎日新聞)

同乗者3人、危険運転は不起訴=名古屋ひき逃げ死亡事故−地検(時事通信)

 名古屋市熱田区の交差点で男女3人が死亡したひき逃げ事件で、危険運転致死容疑で逮捕され、処分保留となっていた同乗者のブラジル国籍の男3人について、名古屋地検は26日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。同地検は「赤信号を無視したことについて、運転者との共謀を認めるに足りる証拠がない」としている。
 事件では、車を運転していた同国籍のロシャ・デ・フレイタス・ファブリシオ被告(26)が危険運転致死罪などで起訴されている。同乗者も同罪に問えるかが焦点となっていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕警察対暴走族 果てしなき戦い
DNA誤データで別人に逮捕状=警察の登録ミスが原因
ひき逃げ容疑で会社員逮捕=路上に男性横たわり、死亡
「事故起こし逃走した」=米兵聴取、追突認める
路上に65歳男性、搬送先で死亡=ひき逃げか、車の部品も

<抱っこひも>米製品で窒息の恐れで注意喚起 自主回収も(毎日新聞)
県内移設なら内閣総辞職を=普天間で民主・喜納氏(時事通信)
岩手県発注工事で80社の談合認定=指名停止に「減刑嘆願」も−公取委(時事通信)
「大阪都」20区で…橋下新党が構想案(読売新聞)
三重のビジネスホテルに強盗、100万円奪う(読売新聞)

家族3人殺害、女に無期判決=責任能力認める−さいたま地裁(時事通信)

 埼玉県熊谷市の自宅に放火し、両親と長男の3人を焼死させたとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた無職、斉藤綾被告(29)の判決が25日、さいたま地裁であり、傳田喜久裁判長は「生命の尊厳を全く顧みず、とうてい許されない」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 弁護側は、斉藤被告が当時心神耗弱状態にあったと主張したが、裁判長は「犯行の際の記憶が保持されている」などとして、被告に責任能力があったと認定した。 

振り込め被害、2割増加=「おれおれ」7割に上昇−警察庁(時事通信)
狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
街頭募金詐欺で実刑確定へ=「個々の被害、特定不要」−最高裁(時事通信)
和歌山で震度3(時事通信)

火災 興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)

 22日午後4時ごろ、熊本県八代市興国町の興人八代工場で「倉庫から煙が上がっている」と八代広域消防本部に119番があった。消防本部によると、工場敷地中央部にある、フィルム製品を保管しているLA倉庫から黒煙と炎が上がっているという。けが人などの情報はない。

 現場は八代市の中心部で、周りには住宅や学校がある。【結城かほる】

【関連ニュース】
爆発:深夜のトヨタ工場で作業中 1人軽傷 愛知・みよし
爆発:工場のタンク吹き飛び車2台押しつぶす 静岡・富士
火災:倉庫や事務所が全焼し1人の遺体発見 さいたま市
マンホール事故:酸欠か 作業員2人死亡 埼玉・日高
工場火災:東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし

たまゆら火災 住民らも犠牲者を悼む 群馬で一周忌法要(毎日新聞)
<阿久根市長>「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る(毎日新聞)
「温暖化基本法」疑問続々 「日本の成長止まる」 中部大・武田教授が指摘(産経新聞)
橋下知事、万博公園活用でパラマウントと協議へ(読売新聞)
密約文書「破棄」、調査へ=東郷氏証言受け、岡田外相表明(時事通信)

奈良公園 雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)

 13日午前10時10分ごろ、奈良市の奈良公園内にある春日大社の表参道で、ボーガン(洋弓)の矢が刺さった雌ジカがいるのを参拝客の男性が発見した。シカは保護され、矢は抜かれたが重傷。奈良公園一帯のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良県警奈良署は文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で捜査している。

 同署によると、被害にあったシカは10歳ほどで、体長約130センチ、約44キロ。矢は鉄製で、全長約52センチのうち約24センチが左腹に刺さっていた。

 シカを保護している「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、03年にボーガン、08年には漁具のヤスが刺さったシカが見つかっている。同会総務課の福本千春さん(28)は「抵抗できない弱い立場のシカをあえて攻撃するのは残念。早く元気になって公園に戻ってほしい」と話している。【大森治幸】

【関連ニュース】
<シカ受難>エゾシカ、列車に追われてトンネルに
<動物受難>事故死した動物はどこへ? 市町村が焼却処理
<動物受難>戦場に散った動物たち ペットも軍用に
<かわいい動物で和もう>動物の赤ちゃんもいっぱい 毎日動物園
<生きもの危機> 雪減りシカ急増、食害すすむ尾瀬

政府、県内移設で最終調整=シュワブ陸上など2案−普天間(時事通信)
海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ−神奈川県(時事通信)
「文芸春秋」で名誉棄損、外務副大臣が提訴(読売新聞)
ホーム火災避難、地域との連携なしには困難(読売新聞)
「密約文書」破棄の可能性=後任に引き継ぎ、元外務省局長が証言−衆院委参考人質疑(時事通信)

政府、県内移設で最終調整=シュワブ陸上など2案−普天間(時事通信)

 政府は18日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を同県内とする方向で最終調整に入った。名護市などにある米軍キャンプ・シュワブ陸上部への移設案と、うるま市のホワイトビーチ沖合を埋め立てる案が有力で、月内に政府案を決めた上で、米側に提示する方針だ。
 鳩山由紀夫首相は昨年8月の衆院選で県外移設を訴えており、最終的に県内移設に踏み切れば、沖縄県民や社民党が反発するのは必至。米側は、シュワブ沿岸部に移設する現行計画が最善との立場を崩しておらず、目標とする5月末までに決着できない場合、首相の責任が問われる可能性もある。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

乗用車同士が正面衝突、4人が心肺停止(読売新聞)
外相経験者は説明を=密約「けじめ必要」−河野氏(時事通信)
<雑記帳>大分大5年生 人気のタマ(毎日新聞)
温暖化法案閣議決定 産業界負担増、強い不満 競争力低下、雇用に影響(産経新聞)
民主は今年で消滅? 首相、結党時に「時限政党論」(産経新聞)

<時効見直し>刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止(毎日新聞)

 政府は12日、殺人など凶悪重大事件の公訴時効を見直す刑事訴訟法改正案を閣議決定した。公訴時効制度の見直しは05年の改正以来5年ぶり。未解決事件の被害者遺族の強い要望を受け、殺人など一部の罪で時効を廃止する内容で、刑事政策の転換となる。

 見直しは人を死亡させた犯罪が対象。殺人や強盗殺人など法定上限が死刑に当たる罪は時効を廃止し、傷害致死や危険運転致死、自動車運転過失致死などその他の罪は現行期間の倍に延長する。過去に発生した事件でも改正法の施行までに時効が完成していなければ適用対象となる。【石川淳一】

【関連ニュース】
公訴時効見直し:来週にも法案閣議決定 与党から異論なし
公訴時効:殺人での「廃止」などを法相に答申 法制審
宙の会:1周年集会開く 時効廃止に向け被害者遺族ら訴え
公訴時効見直し:公布の日に施行 法務省、改正案概要提示
時効廃止:「被害者増の抑止力に」妻殺害された会社員期待

非核三原則堅持を強調、外相が衆院外務委で(読売新聞)
京大の合格者2940人、女性増える(産経新聞)
<新型インフル>ワクチン接種は推定2278万人(毎日新聞)
<トキ>「疑交尾」の画像を公開 環境省(毎日新聞)
<奈良公園>雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)

普天間問題 社民6都道県連が党本部に抗議(産経新聞)

 政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に社民党が提示した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設案をめぐり、県外移設先の候補地を抱える同党の佐賀、長崎など6都道県連の幹部が9日、党本部で重野安正幹事長や案をまとめた阿部知子政審会長らに候補地選定について説明を求めた。

 「説明がなかった」と反発する都道県連側は、重野氏らに「党内の意思統一を重要視すべきだ」と注文を付けた。

【関連記事】
普天間移設で大分知事「これ以上、受け入れられぬ」国民新党に不快感
普天間検討委 国益損なわぬ打開策示せ
普天間移設「有力案を言う段階にない」 鳩山首相
普天間移設めぐり社民、国民新の亀裂ますます
米大統領がグアム米軍視察 日本へ「牽制球」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

「原発推進」を明記 温暖化法案を閣議決定へ 民主内から反発も(産経新聞)
北教組献金 小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検(毎日新聞)
<東京大空襲>朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)
シー・シェパード活動家を逮捕=東京港到着の捕鯨船内で−艦船侵入の疑い・海保(時事通信)
皇太子さま、アフリカへ出発(時事通信)

【名言格言の味わい】真味のような平凡が大切(産経新聞)

 「●肥辛甘(じょうひしんかん)は真味(しんみ)に非ず、真味は只これ淡なり。神奇卓異は至人に非ず、至人は只これ常なり」

 中国・明代末の儒者、洪自誠「菜根譚」

                   ◇

 菜根とは、文字通り野菜の根のこと。「人、菜根を咬み得ば、百事倣(な)すべし」との言葉からとったという。粗末な食べ物ばかりの貧困な生活の中にこそ、大事を成し遂げる素地が作られるという意味だ。

 洪自誠(1573〜1615年)は俗世間から離れ、人との交わりを避けるように山林に庵を設け、隠者のような生活をしていたらしい。そして儒教を学ぶ人たちと語り合い、水辺で漁師らと詩を吟じる日々を送ったという。

 紹介した言葉の文意は、濃厚な味付けの料理は本当の味ではなく、真味とはあっさりとしてしつこくない味付けだ。人も同じで、優れた人とはその道を究めた人ではなく、平凡なだけの人なんだと説く。淡々と平凡に生きることを旨とした洪自誠らしい表現だ。

 彼の主張は儒者らしく清廉潔白そのものだ。「道徳に棲守(せいしゅ)する者は一時に寂寞(せきばく)たるも、権勢に依阿する者は万古に凄涼たり。達人は物外の物を観じ、身後の身を思う」とも記す。

 真理を住み家とする者は、ある時は不遇で寂しい境遇となるが、権勢におもねへつらう者は、一時は栄えてもいずれは寂しく痛ましい。達人は世俗を超越した真実を見て、不朽の名声を得るというのだ。地位や名誉、財を得ることの空(むな)しさを強調し、世俗の垢(あか)にまみれた生活をきっぱり否定した。

 筆者もそんな生き方にあこがれることもあるが、煩悩にとらわれた凡夫の身とあっては、とても実行できそうにない。(板坂洋司)

●=酉へんに農

<普天間移設>シュワブ沿岸部なら野党に…国民新・下地氏(毎日新聞)
東北4県 避難所利用わずか6.5% 第1波後次々と帰宅(河北新報)
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加−警察庁(時事通信)
山岡氏、主導の質問研究会でマニフェスト案検討も 党内中堅のガス抜きか(産経新聞)
血液型は13種類以上…犬の献血、需要高まる(読売新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材レビュー
現金化
ショッピング枠現金化
アフィリエイト ホームページ
債務整理・自己破産
探偵事務所
即日現金化
クレジットカード現金化 即日
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    志波康之 (01/17)
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    オリンキー (01/05)
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    玉木よしひさ (01/01)
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    こういち (12/27)
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    モグモグ (12/18)
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    パイン (12/14)
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    機関棒 (11/27)
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    しゅうじん (11/21)
  • 顔やけど労災の性差、違憲判決確定 厚労省は障害等級見直しへ(産経新聞)
    ゆきぴこ (11/13)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM